朝目覚めるとあごが重いのでマウスピースを活用

1週間ほど前から、朝目覚める少し前に、あごに違和感がありました。その日は右あごの重い感じと、めったにない頭痛がじわじわとおこっていました。次の日もあごがだるく、食事にも支障が出てきました。

 2,3日そんな日が続き、以前歯科医院で作ってもらった マウスピースの存在を思い出しました。私には睡眠中に噛みしめる癖があり、食事も困難な時期がありました。その時に歯科医の勧めでマウスピースを作りました。

その夜から早速マウスピースをはめて寝ることにしました。久しぶりの装着で、違和感がありますが、朝のあごのだるさは軽減されました。寝ている間も、強い噛みしめをマウスピースで食い止めているので、眠りもしっかりしていると思います。3日後には、久しぶりにスッキリ起きることができました。

 その時の先生のお話では、睡眠中の噛みしめは、ストレスの影響が大きいと思われます とのことです。しかし現代に生きている私たちには、ストレスをなくすことは容易ではありません。1日の3分の1と言われる睡眠時間を快適に過ごすには、自分に合った道具を使うことも必要だと思います。

 1晩マウスピースをつけるのを忘れた翌日は、口が開けずらいです。しばらくあごの様子を見ながら、気持ちよく寝るために、マウスピースのお世話になりそうです。